前へ
次へ

肩こりが起こるメカニズムと解消する理由

机に座ってデスクワークや勉強に励んでいると、気付かない内に肩が凝ってしまっている方は多いと思います。肩こりは日本人に多く見られる症状ですが、その詳しいメカニズムを理解している人は少ないです。起こってしまう主な原因は、肩や首回りにある筋肉に負担が掛かっていることにあります。この負担というものは、重いものを持ち歩くなどのわかりやすいものだけでなく、同じ姿勢で作業を続けることでも起きてしまうものです。体を動かしていないにも関わらず、何故筋肉に負荷を掛けてしまうのか、それは筋肉というものは同じ姿勢を保ち続けるだけでも大きな負担になってしまうからです。そうした負荷を肩の筋肉に掛け続けることで、肩や首回りにある筋肉は疲労していくだけでなく、張り巡らされている血管も血行不良を起こしてしまいます。その状態が続くことで、血流によって流される筈であった筋肉の疲労物質や老廃物が肩に蓄積されていき、やがて肩こりと言った症状に繋がっていくのです。これが、肩こりが起きてしまうメカニズムです。ですが、起こってしまう原因がわかれば、具体的にどうすれば解消することが出来るのかもわかります。一般的に肩が凝った時は背筋を伸ばしたり、肩を揉むなどのマッサージを施すことによって、ある程度は解消されることが殆どです。これにも理由があり、長時間維持し続けた肩の筋肉の伸縮が促されることで、血行が良くなって肩に溜まっていた疲労物質が血流に乗って流されていくからです。更に肩の周りにある筋肉を解すことは、与えられた刺激によって脳が活性化するなどの効果も期待できます。この様に肩が凝ってしまうと軽い疲労感や痛みでも不快感を感じて、数日にわたって作業のみならず日々の生活に支障を及ぼす可能性があるものです。それらを防ぐ為にも、肩こりが起こってしまう原因を理解して適切な対処を施すことは、自分自身の暮らしを豊かにすることに繋がってくれます。

当医院は大阪で子供の言語訓練を実施しております

生活習慣病の改善のための治療
適切な薬剤コントロールを行い、症状改善に取り組んでいます。

お肌のハリに効果的なプラセンタ注射

Crystal 医科歯科 Clinic International
赤坂で歯を残す治療を提供している歯医者です

Page Top